大幅なコストカット|フランチャイズで小規模保育事業をサポート|すぐに店舗開業ができる
男女

大幅なコストカット

握手

インドネシアで会社設立をする大きなメリットは2つ挙げられます。人件費の削減と、法人税の節税の2つです。インドネシアの平均賃金は日本国内の賃金よりも安いので、インドネシアの現地で会社設立した場合、毎月の人件費は国内の会社に比べ非常に安い価格となります。しかし、日本国内よりも安く労働力を得たいならば、地理的にも近い韓国や中国でもよいのでは、と考える人もいるでしょう。一昔前であれば、韓国や中国は会社設立をする上で非常に重要な国となっていました。しかし、近年での経済や政情への不安、さらには反日運動による暴動が大きな問題となり、最近ではこうした地域から撤退する企業も多いのです。インドネシアはアジアの中でも発展のめざましい地域の一つであるため、将来的な展望も明るい地域だと予想できます。また、日本への反日感情も比較的に低いため、反日運動による損害を受けることもありません。国民性も真面目なので、現地の人を雇うことでしっかりと働いてくれるでしょう。

日本とは違い、インドネシアの法人税は非常に安いものとなっています。法人税の税率は25パーセントほどであり、国内の税率と比較しても安い額となります。贈与税や相続税などの税の支払いをせずにすむほか、インドネシア政府は独自に優遇税制を行なっているため、さらに企業に対しての法人税が安くなるのです。多くの国内企業にとって頭を悩ませる問題といえば、税負担による問題です。インドネシアで会社設立をすれば、高い節税効果が得られるため、コストカットを行なう上で非常に効果的なのです。